なぜUber Eatsの配達時間が遅いの?

今コロナウイルスの影響でフードデリバリーを利用している人も増えていると思います。 とくに最近Uber Eatsというデリバリーサービスをよく聞きますが、Uber Eatsは配達時間が遅いという問題があります。 そこで今回はUber Eatsの配達時間が遅くなってしまう原因について解説していこうと思います。 Uber Eatsの配達時間が遅くなってしまう理由: ①配達パートナーが道に迷っている ②配達パートナーが不足している ③料理ができるまでの待ち時間が長い ④配達方法 【配達時間が遅くなる理由1】配達パートナーが道を迷っている Uber Eatsの配達時間が遅くなってしまう原因の一つに配達パートナーが道に迷っていることが挙げられます。 ですが配達パートナーが迷ってしまう原因の中には注文者の入力ミスが原因の場合もたくさんあります。 注文者は配達パートナーが迷わないように住所、マンションの部屋の番号を正確に入力することで配達パートナーが道に迷うことも減ると思います。   【配達時間が遅くなる理由2】配達パートナーが不足している Uber Eatsは、まだできたばかりのサービスなので配達パートナーの数が足りていません この問題は配達パートナーが増えていけば解決すると思うので今後、配達パートナーが増えていけばいいなと思います。 【配達時間が遅くなる理由3】料理ができるまでの時間待ちが長い 配達パートナーが料理を受け取りに行ってもまだ料理ができていないことも多々あります。 特にランチタイムやディナータイムはどの飲食店も基本的には忙しい時間帯です。 このような飲食店が忙しい時間帯に注文してしまうとどうしても配達時間が遅くなってしまいます。 【配達時間が遅くなる理由4】配達方法 Uber Eatsの配達方法は、車でもバイクでも自転車でも構いません、基本的には自転車を使って配達します。 自転車だと、使っている自転車や乗っている人などでも変わりますがどうしてもバイクなどよりかは遅くなってしまいます。 配達時間が遅くなってしまう理由は配達パートナーだけが悪いわけじゃない 配達時間が遅くなる理由は、配達パートナーだけが悪いわけじゃありません。 Uber Eatsは配達パートナーを評価する機能があります。悪い評価が多くつくと警告を受けて配達できないようになってしまう場合もあるので、配達パートナーは悪い評価がつかないためにできるだけ早く配達しようとしています。 注文者も配達が遅くなってしまう理由を理解してあげることが大切です。